unitegallery のカスタマイズ

(280d) 更新

公開メモ

とってもかっこいいギャラリーライブラリ

unitegallery
http://unitegallery.net/

unitegallery.png

API がちょっと足りない?

テーマ TILE を選んだのですが、画像を大写しにする Lightbox を制御する API が標準で提供されていなかったので、非常に手抜きをしつつ以下のように実装しました。

LANG:javascript
   api.isLightboxOpen = function() {
     return $('.ug-lightbox').css('display') == 'block';
   }

   api.closeLightbox = function() {
     $('.ug-lightbox-button-close').click();
   }

   api.openLightbox = function(alt) {
     if ($('img[alt="'+alt+'"')[0] && $($('img[alt="'+alt+'"')[0]).prev()) {
       $($('img[alt="'+alt+'"')[0]).prev().click();
     }
   }

ドキュメントに載っていないイベント

open_lightbox と close_lightbox というのがあるのにドキュメントに載っていませんでした。

LANG:javascript
   gallery.on("open_lightbox", function(num, data){ ... });
   gallery.on("close_lightbox", function(){ ... });

SPA 的にアドレスバーを更新するギャラリーを作りました

学会の写真を公開するために上記のライブラリを使ったのですが、 どの写真を表示しているかによってブラウザのアドレスバーの表示が変わり、 ピンポイントで画像に飛べるアドレスを提供できるようにしました。

後ほど公開します。


添付ファイル: fileunitegallery.png 42件 [詳細]

Counter: 243 (from 2010/06/03), today: 1, yesterday: 1