プログラミング/julia/jupyterの使い方

(446d) 更新


プログラミング/julia

目次

フォルダを指定して jupyter を起動

オプションとして --notebook-dir を渡せばいい。

また、w3m の起動が必要なければ --no-browser を付ける。

LANG:console
$ jupyter notebook --ip=127.0.0.1 --port=3000 --notebook-dir=julia-notes --no-browser
 ...

     Copy/paste this URL into your browser when you connect for the first time,
     to login with a token:
         http://127.0.0.1:3000/?token=0dfec8040fbb50ae98a44d7ad9ef318bed65e5828c1b48ad
 ...

表示されたこのアドレスをブラウザで開く。

ssh などを通じてターミナルソフトから操作しているなら、 ポートフォワーディング等を利用して、サーバー上のポート 3000 へ ローカルから接続できるように設定しておく。

ノートを作る

[New] のリンクから Julia を選べば julia のノートを作成できる。

julia-on-jupyter.png

開いた画面の上部 Untitled をクリックするとノートのファイル名を変えられる。

untitled-notebook.png

  • In[ ]: のところに式を入力したら、
    • Enter で 入力行を増やす
    • Ctrl + Enter で 実行
    • Shift + Enter で 実行 + 次の In[ ]: へ
    • Alt + Enter で 実行 + 一行挿入
  • 選択された In[ ]: が 青の時は Command mode緑の時は Edit mode
    • Edit mode に移るには Enter または ダブルクリック
    • Edit mode から抜けるには Esc

Command mode のショートカット

  • H : ショートカット一覧を表示・変更
  • モード変更
    • Y : code
    • M : markdown
    • 1~6 : heading 1~6
  • Ctrl + S : save
  • A : 上に一行挿入
  • D : 一行削除

あとでショートカットを変更しよう

Edit mode のショートカット

  • Ctrl+] : インデント
  • Ctrl+[ : アンインデント
  • Ctrl+/ : コメント
  • Ctrl+D : 一行削除
  • Ctrl+Shift+- : カーソル位置で行を分割

あとでショートカットを変更しよう

TeX 形式の数式入力

Markdown モードで $y=ax^2+bx+c$ などと書けば、 y=ax^2+bx+c のようになる。

\begin{cases}
x&=\cos \theta\\
y&=\sin \theta
\end{cases}

のように \begin ~ \end で囲まれているものは $ などなくても自動的に別行建て数式になる。

\begin{cases} x&=\cos \theta\\ y&=\sin \theta \end{cases}

特殊文字の入力

例えば \alpha[TAB] で \alpha 、\cap[TAB] で \cap を入力できる。

\Bbbv[TAB] で 𝕧 を入力できる。

コメント・質問





添付ファイル: fileuntitled-notebook.png 206件 [詳細]

Counter: 1953 (from 2010/06/03), today: 4, yesterday: 4