各種の照明機器について調べてみた

(950d) 更新

公開メモ

概要

身の回りには様々な照明機器がありますがどういう仕組みで光っているのか、 どのように使い分けられているのか、エネルギー効率はどのようになっているのか、 興味があり、調べてみました。

発光効率

Wikipedia:発光効率

さまざまな発光機構かあることが分かります。

燃焼


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB

様々な火の温度
http://katakago.sakura.ne.jp/chem/fire/ondo2.html

ガスバーナーの温度
http://katakago.sakura.ne.jp/chem/fire/burner_temp.html

ロウソクなどでは燃焼するガスにより「スス」が熱せられて光を発します。

炎の内部で最も明るいのはススを多く含む内炎で、 温度の高い外炎はむしろあまり強い光を出さず、 比較的暗い青色に見えます。

内炎の明るい部分から出る光はススの黒体放射が主であり、 可視から赤外までの連続スペクトルになります。

青色は二酸化炭素などガス分子自身の発する単色光です。

ガスバーナーのように完全燃焼に近い燃え方をする炎では ススが出ないために青い光だけになり、照明としての効率は下がります。

白熱ガス灯やランタンなどではマントルと呼ばれる、 トリウムを含む繊維を炎にかざすことで炎色反応により強い可視光を得ています。 炎色反応では黒体放射と違い特定の波長の光を強く放出するため、 可視域に放出波長のある元素を熱することにより明るい照明として用いることができます。

電灯

各種電灯について http://www.miyazaki-gijutsu.com/series4/densi0913.html

白熱電灯

放電ランプ

蛍光灯

LED


Counter: 825 (from 2010/06/03), today: 2, yesterday: 0