概要

本特別研究会は、1985年より過去34回にわたり応用物理学会の主催で開催され、我が国における表面プローブ顕微鏡(SPM) 研究の活発な交流の場として、また新しくSPMの分野の研究に参画される研究者への啓蒙の場として 大きな役割を果たしてきました。1993年、第7回からは、国際コロキウムとして再編され毎年開催されています。

他の関連国際会議との連携にも力を入れてきました。2000年、ICSPM8を、アジア環太平洋の国々の間で 本分野の交流を図ることを目的として設立されたAsian SPM(第3回)と共催で開催。2005年にICSPM13 を札幌においてSTM05と共催。2013年には、ICSPM21/ACSIN-12がつくば国際会議場において開催されています。 札幌では、39ヵ国から750人の参加者、つくばでは、667(海外224人)の参加者を得、それぞれ、 盛大な会議となりました。また、2002年、第10回記念をしてハワイで、2012年には、第20回を記念し、 沖縄で開催しています。こうした取り組みにより、今では、海外の研究者に認知された会議となっています。

本年は,12月14日から16日 の日程で、第30回を記念してハワイコンベンションセンターで開催することになりました。ハワイでの開催は, 上記2002年に続き2回目です。

21世紀を迎え、ナノテクノロジーが世界的に国家的戦略の中心に位置づけられ、これまでの科学・技術を基盤として、 超高速素子開発、新規機 能性分子の合成、分子モーターの開発、バイオテクノロジーとの融合など、 新しい分野が構築されつつあります。微細な構造の創製、物性評価におけるSPMの 潜在力は高く、 本研究会が、ますます重要な役割を担っていくことは間違いありません。

本年も国内外から、第一線の研究者を招待し、それぞれの領域での先端の研究成果や各国の現状に 関してご講演をお願いするとともに、併せて、 本分野の現状を振り返り、ナノサイエンス、ナノテクノロジーを キーワードとして広がる境界領域各分野の理解を深めることも目的としています。

本分野の研究者、及び本分野に関心をお持ちの方々の参加をお待ちしています。

尚、これまでの会議の詳細については、過去の会議の Web サイトをご覧いただけます。
ICSPM8+AsianSPM3, ICSPM9, ICSPM10, ICSPM11, ICSPM12, ICSPM13+STM'05, ICSPM14, ICSPM15, ICSPM16, ICSPM17, ICSPM18, ICSPM19, ICSPM20, ACSIN-12&ICSPM21, ICSPM22, ICSPM23.

また [こちらから]、 これまで会議のプロシーディングスをご覧いただけます。

主催

社団法人 応用物理学会

協賛

(交渉中を含む) 日本物理学会、 日本金属学会、 日本表面科学会、 電子情報通信学会、 電気学会、 触媒学会、 電気化学会、 表面技術協会、 日本顕微鏡学会、 高分子学会、 精密工学会

主要題目

  • Bio- & macromolecules and polymers
  • Semiconductors and metals
  • Surface reactions
  • Magnetic systems
  • Nanotubes and 1-D wires
  • Nano-optical phenomena
  • Single molecules and single atoms
  • Nano-patterning
  • Cells and biological systems
  • Theory and simulations
  • Tip preparation and functionalisation
  • Bottom-up process
  • Molecular electronics

プログラム

招待講演を含むすべての口頭発表はシングルセッションで行われ、展示業者による ショートプレゼンテーションも同じホールで行われます。初日の夜にはポスター セッションが、二日目の夜にはバンケットが予定されています。 招待講演、口頭発表、ポスター発表の分類は投稿されたアブストラクトと投稿 論文数とを元に決定させていただきます。 プログラムの詳細はこちらをご覧下さい。

プロシーディングス

会議のプロシーディングスは JJAP 特集号 (JJAP Special Issues) “Scanning Probe Microscopy” (以下SPM特集号)として2017年8月に刊行されます。

ポスター賞

優れたポスター講演を奨励するため、"ICSPM Poster Award" を設けます。 35歳以下(2016年12月14日現在) の若手研究者の方々の積極的な申し込みをお願いします。 ポスター賞への申し込みは、アブストラクト投稿後にオンラインで行えます。

連絡先

一般
吉村雅満
豊田工業大学
E-mail: yoshi@toyota-ti.ac.jp

展示
吉村雅満
豊田工業大学
E-mail: yoshi@toyota-ti.ac.jp

参加登録
小田 康代
応用物理学会薄膜・表面物理分科会
E-mail: oda@jsap.or.jp

組織委員会

実行委員長
  • 重川 秀実(筑波大数理物質)
プログラム
  • 小林功佳(お茶大理)(長)
  • 岡嶋孝治(北大院情報科学)(副)
  • 三宅晃司(産総研先進製造)(副)

  • 中嶋 健(東工大院理工)
  • 大西 洋(神戸大理)
  • 重川秀実(筑波大数理物質)
  • 川勝英樹(東大生研)
  • 菅原康弘(大阪大学工)
  • 黒川 修(京都大学工)
総務・会計
  • 吉村雅満(豊田工大院工)
会場
  • 目良 裕(滋賀医科大)
  • 岡嶋孝治(北大院情報科学)
広報
  • 武内 修(筑波大数理物質)
出版
  • 高橋琢二(東大生研)(長)
  • 影島賢巳(関西医大)(副)

  • 中嶋 健(東工大院理工)
  • 福井賢一(阪大院基礎工)
  • 米田忠弘(東北大多元研)
  • 住友弘二(兵庫県立大工)
  • 内橋貴之(金沢大理)
  • 中山知信(物材機構MANA)
応用物理学会
  • 小田 康代(薄膜・表面物理分科会)