ソフトウェア/InternetExplorerのシェア のバックアップ(No.1)

更新


公開メモ

IE への配慮

最近の Internet Explorer を除くモダンブラウザでは自動更新が当たり前になっているため、 最新の HTML5 + CSS3 を使って Web サイトを記述しても、まともに表示される確率がかなり高くなっています。

しかし、Internet Explorer については、特定バージョン専用の業務用アプリがあるせいか、 古いバージョンを使い続けているユーザーが多く、そのような古いバージョンのユーザーでは 最新技術で記述された Web サイトを表示した際に本来とは異なる見た目になってしまうと言う問題が生じます。

そこで、より多くのユーザーに配慮するサイトでは、わざわざ最新ブラウザ用と古い IE 用と、 別々の記述をしていたりするのですが・・・古い IE が減ってきているおかげで、 そのような配慮が徐々に必要なくなってきているのではないか、

と期待して、このサイトを訪れるユーザーの IE 比率およびバージョン間比率をまとめてみました。

以下は http://dora.bk.tsukuba.ac.jp/~takeuchi/ 以下のページに設置した Google Analytics による計測結果です。

本サイトを訪れるユーザーの IE 比率

[添付]

IE 自体のシェアは微減ではありますが、それほど大きく減っていないことが分かりました。

IE バージョン間比率

IE によるアクセスの中でのバージョン間比率です。

[添付]

IE6 は XP のサポート終了もあってか、この 2014/04 以降ほとんど見られなくなりました(全アクセスの 0.1% 程度)。

IE7 も全アクセスの 0.6% 程度ですので、ほぼ無いと言っても良さそうです?

これに対して、IE8 はまだ現役のようで、特に企業ドメインからのアクセスに多く見られ、しかもまだまだ減っていない様子です。

その他のブラウザ

IE 以外にそこそこ古そうで 0.2% 以上のシェアがあるのは、

  • IE7 0.6%
  • Chrome 27(0.16%)+18(0.13%)+11(0.11%)=0.4%
  • Firefox 12 0.2%
  • Firefox 19(0.12%)+17(0.09%)+16(0.06%)
  • Safari 5.1.x 0.45%
  • Safari 6.x 1.3%

http://caniuse.com/#compare=ie+8,ie+11,firefox+12,firefox+16,chrome+11,chrome+18,chrome+27,safari+5.1,safari+6,safari+6.1,android+4,android+4.2-4.3

こちらで見る限り、IE8 にできてこれらのブラウザでできないことはほとんど無いみたいですかね・・・

Bootstrap

実のところ、Bootstrap 入れてみようかと検討した結果の上記の調査でした。 IE8 からはそこそこ動くようなので、ちょっとまじめに検討してみようかと。

http://getbootstrap.com/getting-started/#support


Counter: 97646 (from 2010/06/03), today: 26, yesterday: 0