線形代数I/行列式 のバックアップソース(No.1)

更新

[[線形代数I]]

#contents

* 2次の行列式 [#r81825be]

2次の正方行列 &math(A); の行列式は、

&math(\det A=|A|=\left|\begin{array}{cc}a&b\\c&d\end{array}\right|=ad-bc);

であることを高校で学んだ。

&math(\left|\left[\begin{array}{cc}a&b\\c&d\end{array}\right]\right|);
と書く代わりに
&math(\left|\begin{array}{cc}a&b\\c&d\end{array}\right|);
と書くことに注意せよ。

一般に &math(n); 次の正方行列に行列式が定義される。

例:3次の場合

&math(\left|\begin{array}{cc}a&b&c\\d&e&f\\g&h&i\end{array}\right|);

Counter: 97519 (from 2010/06/03), today: 12, yesterday: 0