ソフトウェア/SVG ファイルの作成 のバックアップの現在との差分(No.1)

更新


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[公開メモ]]

* Canvas X で SVG を出力するには [#w97ef457]
* Canvas X で SVG を出力すると View port を指定できず役に立たない [#w97ef457]

- ドキュメント設定で単位にピクセルを選んで、望みのサイズに合わせておく
- 左上からの位置もそのままになってしまうので、図は左上に寄せておく
Canvas X は日本ポラデジタルから販売されている製品~
http://www.poladigital.co.jp/canvas/

SVG への出力機能はあるものの、いまいち使えない。

- 左上からの位置はそのままになってしまうので、図は左上に寄せておく
- テキストをあらかじめパスに変換しておく。
- 最後に、Save As で SVG ファイルとして出力する

ここまでだと、次のようになってしまう。

&attachref(spherical-coordinate.svg);

ドキュメント設定で単位をピクセルにするなどすると、
サイズは正しく指定できるけれど、SVG の外形を指定できないっぽいのが致命的。

* Boxy SVG で View port を指定する [#e7cb4664]

仕方が無いのでフリーの SVG エディタで読み込んで View port を指定する。

Boxy SVG の Windows 版は Chrome 拡張として開発されている

https://chrome.google.com/webstore/detail/boxy-svg/gaoogdonmngmdlbinmiclicjpbjhgomg?hl=ja

Chrome からインストールすると、[アプリ] の一覧に Boxy SVG のアイコンが増える。
アイコンをクリックして起動する。

#ref(toolbox-view.png,right,around,33%);

- Ctrl+O から Canvas X で作った SVG ファイルを読み込む
- ツールボックスの View Panel を開く
-- View box にチェックを入れる
-- 適当な範囲を選択する
-- Viewport をチェックして、表示サイズを指定する
- Ctrl+S で保存する

#clear

これで、次のようにうまく表示できる。

&attachref(spherical-coordinate_0.svg);


Counter: 1591 (from 2010/06/03), today: 1, yesterday: 0