knockout-validationでBootstrapのform-groupにhas-errorを付ける のバックアップ(No.2)

更新


公開メモ

knockout-validation の decorateInputElement

knockoutjs + knockout-validation を使うと、フォームのフィールドへの入力値をリアルタイムに検証し、その結果をユーザーにフィードバックする動的フォームをかなり容易に作成できます。

特に、knockout-validation に decorateInputElement: true を与えると、エラーのある input に validationElement クラスを付与できるため、border-colorを変えるなどしてエラー箇所を分かりやすく表示できます。(このオプション、以前は decolateElement と呼ばれていたのですが、名前が変わったそうです)

Bootstrap との組み合わせ

ところがこれを Bootstrap と組み合わせようとすると、ちょっと困ったことになります。

なぜなら Bootstrap ではエラーのあるコントロールの表示を変えるのに input 自身ではなくそれを囲む div.form-group に has-error というクラスを指定しなければならないためです。

knockout-validation では errorElementClass というオプションで、エラーのあるコントロールに付与するクラス名を指定できますが、コントロールを囲む div.form-group にクラスを追加するという機能はないようです。

そこで

コントロールの parentNode をたどり、.form-group にマッチするものに has-error を追加するコードを以下のように書きました。

LANG:javascript(linenumber)
// 要素の親のうち form-group であり、なおかつエラー要素を含むものに 
// config.errorParentClass クラスを指定する
var original_handler = ko.bindingHandlers.validationElement.update;
ko.bindingHandlers.validationElement.update =
    function (element, valueAccessor, allBindingsAccessor) {
        original_handler(element, valueAccessor, allBindingsAccessor);
        var config = ko.validation.utils.getConfigOptions(element);
        var group = $(element).parents('.form-group');
        group.toggleClass(
            'has-error',
            group.find("."+config.errorElementClass).length > 0
        );
    };

1つの form-group に複数のコントロールが含まれる場合、1つでもエラーになるものがあれば has-error となるようにしてあります。

jsfiddle で確かめられます

上記のコードは以下の jsfiddle で確かめられます。

http://jsfiddle.net/6B332/1/

この記事は Qiita にも投稿しました

コメント





Counter: 5607 (from 2010/06/03), today: 3, yesterday: 0