各種の照明機器について調べてみた のバックアップの現在との差分(No.1)

更新


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[公開メモ]]

* 概要 [#dfdd4ab8]

身の回りには様々な照明機器がありますがどういう仕組みで光っているのか、
どのように使い分けられているのか、エネルギー効率はどのようになっているのか、
興味があり、調べてみました。

// * エネルギー効率
// 
// 照明機器は周囲を明るくするためのものなので、
// 機器へ注入したエネルギーがすべて光になってくれると良いのですが、
// 現実の照明機器では消費エネルギーのうち少なくない部分が
// 熱などの形で排出され、無駄になってしまいます。
// 
// ** 熱
// 
// 昔ながらの照明器具であるロウソクや白熱電球は使っている間は手で触れないほど熱くなります。
// 一方、最近使われるようになったLEDは、非常に高輝度の物でなければさわれないほどには加熱されません。
// 
// これは、同じ明るさで光らせた時に排出される熱がLEDの方が少ないためで、
// 白熱電灯よりもLEDの方が高効率であることになります。
// 
// ** エネルギー保存則
// 
// 物理学の最も根源的な法則として、エネルギー保存則があります。
// 
// これは、
// 
// ** 目に見えない光
// 
// 単に「光」と言うと、目に見える可視光の他に、
// 目に見えない赤外線や紫外線も含まれます。
// 
// もっと大きなくくりで言えば、光は電磁波の一種なので、
// 電波やX線、ガンマ線なども光の仲間です。
// 
// 照明器具として使う場合、可視光以外が出ても役に立たないのですが、
// 赤外線が

* 発光効率 [#g1ac34a7]

[[wikipedia:発光効率]]
[[Wikipedia:発光効率]]

さまざまな発光機構かあることが分かります。

* 燃焼 [#jc198bb2]

火~
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB

様々な火の温度~
http://katakago.sakura.ne.jp/chem/fire/ondo2.html

ガスバーナーの温度~
http://katakago.sakura.ne.jp/chem/fire/burner_temp.html

ロウソクなどでは燃焼するガスにより「スス」が熱せられて光を発します。

炎の内部で最も明るいのはススを多く含む内炎で、
温度の高い外炎はむしろあまり強い光を出さず、
比較的暗い青色に見えます。

内炎の明るい部分から出る光はススの黒体放射が主であり、
可視から赤外までの連続スペクトルになります。

青色は二酸化炭素などガス分子自身の発する単色光です。

ガスバーナーのように完全燃焼に近い燃え方をする炎では
ススが出ないために青い光だけになり、照明としての効率は下がります。

白熱ガス灯やランタンなどではマントルと呼ばれる、
トリウムを含む繊維を炎にかざすことで炎色反応により強い可視光を得ています。
炎色反応では黒体放射と違い特定の波長の光を強く放出するため、
可視域に放出波長のある元素を熱することにより明るい照明として用いることができます。

* 電灯 [#rdf44fab]

各種電灯について
http://www.miyazaki-gijutsu.com/series4/densi0913.html

** 白熱電灯 [#w0bae4c2]


** 放電ランプ [#k8bb3cd5]

** 蛍光灯 [#k94db425]

** LED [#r111c3cb]


Counter: 2000 (from 2010/06/03), today: 1, yesterday: 1