Xilinx ISE のメッセージフィルタ のバックアップ(No.1)

更新


公開メモ

メッセージフィルタ

ISE で論理合成する時、 ちょっと大きな回路だと無数の警告が表示されてしまうために、 本当に必要な警告を見落としてしまうことが多いです。

それを解決するために提供されているのがメッセージフィルタという機能。

特定の警告を表示されないように指定できます。

メッセージフィルタが使いにくすぎる

ただ、この機能はGUIが貧弱すぎて、まともに使うのがつらいです。

数百ものフィルタを追加してしまうと、 フィルタの一覧を表示するだけでも数十秒以上待たされますし、 フィルタを無効化したり、削除したりするのに複数のフィルタを一度に 選んで消すことができないため、数百回クリックを繰り返す羽目になります?! (ISE 12.2)

あまりにひどい。

メッセージフィルタの設定ファイル

メッセージフィルタの設定は、以下のファイルに XML 形式で書かれています。

  • ISE 11.X まではプロジェクトファイルと同じフォルダにある filter.filter
  • ISE 12.1 からは iseconfig の下の filter.filter

フィルタの設定を消したければ、これをテキストエディタで開いて編集するのが良さそうです。


Counter: 13362 (from 2010/06/03), today: 1, yesterday: 1