httpを用いたデバイス制御 のバックアップ(No.1)

更新


電気回路/zynq

フレームワークには sinatra を使う

いろいろ考えられるけれど、ここでは ruby 製の sinatra を使ってみる。

理由は自分が ruby とか Rails とかに慣れていることと、Rails ほど重厚なフレームワークは必要ないこと。

環境の構築

まず rvm を入れて、そこから ruby や gem を準備する。

https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-ruby-on-rails-with-rvm-on-ubuntu-18-04

LANG:console
$ # install rvm
$ sudo apt-get install -y gnupg2
$ gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB
$ cd /tmp
$ curl -sSL https://get.rvm.io -o rvm.sh
$ cat /tmp/rvm.sh | bash -s stable --rails
$ cd
$ source .rvm/scripts/rvm

(まだここ)

LANG:console
$ # prepare for ruby environment
$ rvm list known
$ # prepare for ruby environment
$ mkdir sinatra_app
$ cd sinatra_app
$ rvm ruby-2.6.0@sinatra_app  --create
$ cd .
$ gem install sinatra
$ gem install sinatra-contrib

Counter: 1443 (from 2010/06/03), today: 1, yesterday: 0